思い出深い 学校出入りのスポーツ用品店

高等学校に出入りしているスポーツ(テニス,バドミントン)専門の用品店に初めて購入した時の感想です。

思い出深い 学校出入りのスポーツ用品店

学校に出入りのスポーツ専門の用品店

4月より子供が高等学校に入学し体験期間後スポーツ部でテニスを選びました。
テニス部から学校に出入りしている業者さんのチラシを持参してきました。
学校向けという事で,一般のスポーツ店より安価な設定となっていましたそろそろ用品が必要と言われたようなので,そのショップに行ってみました。
まず,驚いたのは看板は出ていましたが,ショーウインドウも無くドアから階段を上り2階にショップはありました。
狭い店内に正面に多くのラケットが壁に掛けてありドア側を振り向くとシューズの入った箱がつみかさねられていました。
右側には用品がダンボールに入って無造作に並べられその前にはウェアがハンガーに掛けてならべられていました。
どこか圧縮商法の店のような感じでした。
声をかけると,奥から店主らしき方がでてきました。
早速チラシをだすと学校名を聞かれラケットの希望に対する説明をうけて子供はチラシに載っていた希望するラケットを決めシューズは試しに履いてみて余裕やフィット感を確認していますと他のお客さんが入って来ました。
奥から女性スタッフがでて対応をはじめましたが同じように他の高校でテニス部にはいりチラシ持参でした。
全く同じなのだと感心しつつ一体この用品店は何校位出入りしているのかと思っているうちに

ソックス等用品の選定も終わり会計をしていますとレジ横には1万円以下のラケットが無造作に値札がついて円筒の入れ物にはいっていました。
本年モデルが26000程度が割引価格ですが昨年モデルは15000程度の値札が付いているのでこの10000以下は2年前のモデルかなと思いつつ何処が異なるのか全くわかりませんでした。
その時,壁にかけてある中にテニス協会のコーチの免状がありました。
どうりでテニス用品の店主さんの感じが薄い事に納得しました。
いろ黒でスポーツが似合う感じです。

普通のスポーツショップや用品店とかなりイメージが異なり普通探しにくい店と思いましたが,スポーツ愛好家の方はこんな店をさがしてみるのもよいのではないでしょうか。

Copyright (C)2015思い出深い 学校出入りのスポーツ用品店.All rights reserved.